ボールギャグによるドMプレイ

M男歓喜!もちろんできる口枷プレイ

ボールギャグもしくはギャグボール、何のことかわからない?そんな純情ボーイもいるかもしれないので、一応説明しておこう。ボールギャグとはつまり足枷、手枷同様に口の自由を制限するアイテムのことだ。通常は穴の開いた卓球のようなもの(=ギャグ)をストラップ部分で調整しながら固定して、言葉の自由を塞ぐ最高難度のSM道具

普通のセックスでは基本登場機会はないボールギャグだが、もちろん風俗での利用は可能だ。基本的にBDSMのシーンで多用される大人の玩具であるので、M性感、ガチンコのSMクラブで日常的に使用される。ただし最近は様々な性癖の男性客を満たせるアイテム、女性が揃う店が多いので、手コキ風俗やヘルスなどでも一つのオプションとしてボールギャグを用意している店も少なくない。

手足拘束以上に興奮するボールギャグ、口からよだれが垂れ、顎がとにかく疲れる。情けなくて涙がポロリ、そんな自分自身の羞恥に対して激しく欲情。マゾヒズムを刺激して止まないボールギャグはMのシンボルとして風俗業界でも多用されており、普段は手厳しい要求ばかりをしてくる男性陣も、自身を解放する為の手段としてボールギャグを嵌めた羞恥プレーに熱狂する者も少なくない。

日本はもとより欧米国家でも呼吸が乱れ、喋ることが制限されるボールギャグプレイは中~高難度のSMプレイとして大人気を博しているのだ。手枷、足枷、そして言葉責め、それらに少しの刺激というスパイスを付加したい……、そんな変態M男性は少なくないはず。ボールギャグによる猿ぐつわプレイ、それこそが次に進む為のツールになっていくのだ。

遊び方の続きをよむ→

アナルとお膣!二穴責めは男の夢

二穴責めの遊び方

二穴責め……、なんというロマンの詰まった言葉なのだろう。二つの穴を塞いでしまう最高のエロ。AV作品ではしばし見かけるプレイであるが、デリヘルを舞台にした二穴責めは男性二人によるアナル、膣へのペニス挿入ではない。

ソープ以外の風俗では原則本番行為は禁止なので、デリヘル嬢との二穴責めプレイは、男性客自身の息子をデリヘル嬢のアナルにあてがい、そして肝心の女性の秘部にはバイブやディルドなどのハードな玩具を挿入する難度の高いプレイである。

挿入できるのはアナルだけなので、ナイーブで潔癖症の男性にはハードルが高いプレイになることは必至だが、ポルノの世界のプレイを地で出来るとあって、最近はノーマルプレイに飽きた男性客も二穴プレイを楽しんでいるそうだ。

遊び方の続きをよむ→

デリヘル嬢と公衆トイレでプレイは可能?

デリヘル嬢とトイレプレイは難しい

卑猥な図像に怪しげな電話番号の羅列、公衆トイレには青春時代から感じていた「野外でセックスをしたら興奮する」という野望で満ち溢れている。大人になりデリヘルを利用するようになると、そのファンタジーを実現しようとする男性は少なくないが、実際問題公衆トイレでデリヘル嬢とプレイするのは非常に難しい。

まず第一に青姦は見つかれば公然わいせつ罪として現行犯逮捕される恐れがある点だ。基本デリヘルは自宅もしくはホテルへの派遣であり、野外プレイを想定していない。その為、外でのプレイについては女性との交渉次第になる。ノリノリのエロ嬢が来た場合、少しのワガママを聞いて貰える可能性もあるが、その可能性は低いのが現状である。

勿論破廉恥なプレイを公園の公衆トイレまたは商業施設内の障害者用トイレで行う者がいるが、そのはしたないトイレの使用方法に社会が問題提起をしたこともあり、最近はトイレ界隈の見回りが非常に厳しくなっている。それもデリヘル嬢と公衆トイレでの卑猥行為を難しくしている要因となっているのだ。

それ以外にも公衆トイレではしばし盗撮用のカメラが隠されていることも少なくなく、例えデリヘル嬢との交渉の結果、トイレプレイが可能になったとしても、通報の恐れだけでなく行為自体が知らぬところで拡散されるリスクも考えられるので、やはり公衆トイレプレイはあくまでそのシチュエーションを妄想した上での自慰で我慢するのがベターかもしれない。

遊び方の続きをよむ→

シェアハウスでも呼べる?

シェアハウスでデリヘルを呼ぶことは難度高し

流行りのテレビシリーズでシェアハウスの知名度もグンと広がってきた。そう見知らぬ男女、そして国籍もそれぞれ、一つ屋根の下で衣食住を共にする少し不思議な空間シェアハウス、今はインターナショナルな雰囲気、恋人作りにそのコスパの良さから多くの人々でにぎわっている。

さてそんなシェアハウスに居を構えている男子が気になるのがそのセックス事情、そして風俗事情だろう。ハウス内のルール、意外とシビアな人間関係がゆえ、なかなかデリヘル嬢を呼び寄せるのは難しい、これがその回答である。

しかしシェアハウスという環境がゆえなかなかの猛者も揃っており、筋書き通りの規律が守られていることは少なく、好き勝手に彼氏彼女を呼び込みセックスハッスル。酔ったキャバ嬢に風俗嬢を連れ込んで半場乱交パーティーもどきのどんちゃん騒ぎが行われる場合も少なくない。

つまり、シェアハウスも家族と同居している実家同様にタイミング、その居住スペースが許せばデリヘル嬢とムフフ空間を楽しむことはできるのだ。
ただし以下の条件が必須である。

遊び方の続きをよむ→

デリヘルで映画館の暗闇プレーはできる?

デリヘルでも暗闇映画館のエロプレーは可能

二人の出会いは昼下がりの映画館……、なんてロマンティックな出会いは転がっていない。映画館はムービーを楽しむところだが、なんだかあの真っ暗闇の中でエロいこともしてみたい、そんな妄想を膨らます男達は意外と少なくない事実にハッとする。

流石にイチャイチャはしようとも、実際映画館でセックスを決め込むカップルはほぼほぼいないが、デリヘル女子と一緒に卑猥な行為を仕掛けることはきっと問題なし。問題なしといっても、一応公共の場ではあるのである程度の抑止力は必要になってくる。

通常デリヘルは基本ホテルまたは自宅への派遣がベースになっているが、いくつかのデリヘルでは厳しい同業他者との差別化を図る為に、公園や映画館など様々なシチュエーション別の青姦コースなるものを設けている場所がある。

流石にその辺に点在する普通の映画館で下半身をまさぐろうものなら、隣の家族連れに通報されかねないので、基本的にピンク映画を映している昭和の香りプンプンの成人映画館にカップル入店するのが常。この手の映画館はエロいことに妄想を膨らませたオッサンが多く、意外にもすんなりとプレイに入ることができる。

遊び方の続きをよむ→