無料で呼べる!料金ページをチェック

客の自宅やラブホテルまで女の子を派遣してくれるデリヘル。これは店がデリヘル嬢を自宅やホテルまで「宅配」しているのと同じことになる。

実際に自分が呼んだ場合に送料が掛かるか掛からないかは別として、どのデリヘルでも交通費という項目がある。細かいシステムは店によって異なるが、距離によって料金が違うのは全デリヘル共通だ。

まずこの「距離で料金が違う」というポイントに注目。
店によって、デリヘルを利用すると絶対1,000円掛かる店と、近場なら無料で呼べる店がある。簡単な話、無料スタートの店を選べば良いだけなのだ。

Aという町を拠点にしているデリヘルを、A町の自宅やホテルに呼ぶといった場合は無料にしている店がとても多い。

ただ、無料の店でも無料範囲はそんなに広くない場合が多く、B町やC町など隣町になったり距離が遠くなるほど料金が上がっていく。無料(店によってはナシ)、1,000円、2,000円、3,000円の3~4段階がよくあるシステムだ。

距離が遠くても交通費を無料にするコツ

地域にもよるが、デリヘルの拠点になっているのは栄えている都会的なエリアが多い。東京を見てみると渋谷、新宿、池袋など一つ一つの栄えているエリアにデリヘルの拠点がある。渋谷で遊ぼうと思ってわざわざ池袋のデリヘルを有料で呼ばなくても、渋谷のデリヘルを呼べばいい。

しかし地方の街だとデリヘルの拠点はこんなに細かくない。区ならまだいいが、市単位の場合はどうしても範囲が広いため有料になってしまうパターンが多い。

しかし良心的なデリヘルもたくさんある。例えば市内なら一律無料という店、自宅への派遣なら無料という店や逆にホテルなら無料という店、また最初からこの範囲内しか派遣しないと決められている店などがある。

このような実在するシステムを見ると分かるように、結局のところデリヘルの交通費は基本の一部だけ同じであとは店の差や地域差が大きい。遊びたい地域のデリヘルをいくつか覗いてみれば、必ずといっていいほど無料でor安く呼ぶことができるデリヘル店に当たるはずだ。

東京デリヘルゾーン