できない!デリヘルは本番前までを楽しむもの

デリヘルについてよく聞かれる管理人。これまでに色々な男から遊び方のコツなどを相談されてきたが、一番多かったのが「本番ってできるの?」。これだった。だからできないって、何回言えば分かるのか・・・あわよくばというヤツが多すぎる。

言い方で語弊が生まれるかもしれないが、本番をしたそうな男にはこう言っている。「デリヘルはヌいてもらう場所だと思え」と。デリヘルは「本番ができない風俗」ではなく「女の子に触れられるしキスもできるし何とフェラまでしてもらえる風俗」だ。

ヌいてもらう風俗にはオナクラやアロマエステなどもあるが、そのほとんどが女の子への手出し禁止だ。フェラもNGの店が多い。そんな中で高すぎず安すぎず、丁度いいサービスが受けられるデリヘルを生み出した人に感謝しなくてはならない。

本当に格好いい男なら、本番前までの愛撫を余裕を持って遊んで帰るはずだ。

本番してくれたという噂、実は・・・

それでも密室での出来事だから、店がどんなに禁止しようとも水面下で行われてしまうことはあるだろう。悪びれもせず、頼んだら本番できた、俺だけと言ってくれた・・・とネットにあげている男もよく見かける。

ただそんな武勇伝もどきを見る度に笑いがこみ上げてくるのだが、デリヘル嬢にとって本番をさせるということは「楽をしたい」「手を抜きたい」という合図。

フェラのほうがアゴが痛くて辛いに決まっているから、この人はいい人だからいっぱいサービスしてあげたい!と思えば思うほどフェラに力を入れてくれる。だから本番で済まされた人は「フェラ疲れるからやめよう」「この人とは二度とないんだし・・・」と諦めの境地で相手されていることがほとんどなのだ。

別に本番できればそれでいい!という男もいるだろうが、何というか、すでに上の空の女相手に得意げに腰を振る姿は同じ男から見ても非常に滑稽なのである。

東京デリヘルゾーン