東京デリヘルゾーン

SMプレイの遊び方

SMプレイというと何だか自分には関係ない未知の世界、というイメージがある男も多いと思うが、実はデリヘルで最も満足度が高いジャンルが「SM系デリヘル」だ。一言でSMと言ってもソフトからハードまであり、そのプレイ内容も度合いも全くの別物なのだ。

SMデリヘルでは、自分がS側になって責めたいのかM側になって責められたいのかで、SコースかMコースかを決める。そうしたら自動的に相手はその反対の性質の女の子が来るというわけだ。

例えば客が受身になる場合(Mの場合)、多くの男が密かに望んでいるような言葉責めや寸止め、Dキスなどデリヘル嬢から積極的に責めてもらえる内容になっている。そこがベースになり、ノーマルでは手錠、アイマスク、射精管理などのプレイも出てきて、ハードでは顔面騎乗や聖水プレイといったアブノーマルなものも追加できる。

プレイ内容やコースは店によって違うから自分に合いそうな店とプランをチェックしよう。

SMプレイのメリット・デメリット

風俗でのSMあくまでもどっちが中心に責めるか責められるかの話であって、本格的なSMクラブのような敷居が高いものではない。

もちろん中にはクラブ並みの本格派SM風俗もあるが、多くのSMデリヘルは初心者でも気軽に遊べるようにソフトなプランを用意してある。いつも男が責める側だからたまにはやってもらいたいんだよね~くらいの感覚で利用してもいいのだ。

ソフトなら料金も一般的なデリヘルと同じか少し上かくらいだから、それくらいで新しい世界を試せるなら安いもんだろう。

ただ、SMデリヘルはコース設定が複数に分かれているものが多く、料金もできるプレイの内容や数によって上下してくる。そのため安いものを選ぶとあれができなかったこれもダメだったと満足できなかったり、逆に無駄に高いものを選んでも全てやりきれなかったということもある。

コース選びの段階で自分がどれくらいでイクのかどのプレイが絶対欲しいのかなど大体でいいから考えてから店選びとコース選びをする必要がある。要するに「コスパ」が一番良さげなコースがある店を吟味するということだ。

SMプレイ向きのデリヘル嬢とは?

SMデリヘルで働く女の子には大きく分けて2種類いると思う。それは、真性S嬢M嬢と、ビジネスS嬢M嬢だ。真性嬢は元々そういう気質がある子たちだから、実際にプレイしてみるとリアルなSM感が体験できる可能性が高い。

一方でビジネス嬢は自分はどちらでもない(もしくはどちらかといえばS、M)というような立場で、仕事としてS嬢M嬢に徹しているという子たちだ。別にビジネス嬢が悪いという訳ではなく、どちらでも客が満足できるように動けるなら同じことだからここは差別しなくていいと思う。

ただ、ソフトやノーマルの域を超えた本格的なSMプレイを望んでいるならば、真性嬢でないと付いてこられない。そうなると真性嬢の見分け方は簡単で、デリヘル嬢のプロフィール欄に載っているような「可能なプレイ・得意なプレイ」という項目を見れば一発だ。

ビジネス嬢はハードなプレイはNGにしている場合が多いから、そこがOKになっている嬢は真性S嬢M嬢である可能性が極めて高いということになる。