東京デリヘルゾーン

3P(複数プレイ)の遊び方

3Pをしたことはあるだろうか?おそらくこのページをご覧の大多数の人が「ない」と答えるだろう。では、3Pに興味はあるだろうか?これには逆に大多数が「ある」と答えるのではないか。
興味はとてつもなくあるのに、なかなか実行に移せない。3Pとはそういった男の「欲望」や「憧れ」という場所に位置している
しかし最近はデリヘルがじゃんじゃん増えていることにより、ジャンルもより細分化され、ニッチな部分にダイレクトに突き刺さる店舗作りがなされている。その中でも3P、4P、更にそれ以上の複数プレイが出来ることを売りにした専門店が今アツい。もはや3Pは妄想や憧れを超え、プレイとして楽しめるのだ。

通常の3Pの場合、男1女2か男2女1という2通りの組み合わせが考えられるが、デリヘルの場合は基本的には男1女2だろう。やはりハーレムを作り上げて征服欲を満たしたい、というのが基本的な男の妄想内容だからだ。

実際にデリヘル嬢が2人現れたら、一人とキスをしている間にもう一人にフェラをしてもらう、というのがスタンダード。上級者は顔面騎乗でクンニをしながら、素股をもう一人に素股をさせるなんて事も出来る。とにかくどちらかが手持ち無沙汰にならないよう気を遣ってあげる余裕を持とう。

3Pのメリット・デメリット

何よりもやはり、普通は1対1で行うものを3人以上で行うというシチュエーションが3Pの醍醐味であろう。多少背徳があった方が燃えるのは男も女も同じであり、デリヘル嬢も非日常に興奮してくれる。そして、攻められながら自分も攻める、という構図は1対1の場合はほとんど69でしか出来ないが、複数プレイなら自在だ。デリヘル嬢にペニバンを装着してもらい、AFされながらフェラも…なんていうハードなプレイまで出来てしまう。
デメリットは料金がどうしても高くなる事。2人デリヘル嬢を呼ぶのだからホテル代を抜いてもやはり倍くらいにはなる。それは不可避だ。あとは、上記もしたが一人とだけ盛り上がってしまうともう一人が手持ち無沙汰になってしまう事。3人同時に盛り上がれるよう工夫する事が大切だ。もし複数プレイと合わせてレズプレイの出来る嬢であれば、嬢同士でもプレイが出来るし、視覚的にも楽しめてデメリットではなくなる。おすすめだ。

3P向きのデリヘル嬢とは?

3PをOKにしているデリヘル嬢は基本的に性にオープンなのでテクニックやプレイに関してはハズレる事はないだろう。
見た目や性格がなるべく反対になる嬢をペアとすれば、3Pは更に面白くなる。積極的に攻めるタイプの嬢と感度の良い攻め甲斐のある嬢の組み合わせや、すらっとしたモデル系の嬢と巨乳系の嬢の組み合わせなど。
また、ベテランのデリヘル嬢でも3Pとなるといつもよりウブになる傾向にある。異性には裸を見られ慣れているので大丈夫だが、同性に裸を見せたり感じている姿を見られるのが恥ずかしいという事だ。新人より、あえてベテラン嬢を狙うのもいいかもしれない。