即尺の遊び方

即尺は「すぐに竿を舐める」という意味を持つ。デリヘルではフェラのみならずプレイ全般、うがいをしたりシャワーを浴びたりした後に行うという決まりがある。しかし男なら部屋に入った途端に求め合いたい、という願望もあるはずだ。

デリヘルでは完全に禁止されているわけではなく、オプションプレイとして別に用意されている店も多い。清潔にしてからという基本理念はあるものの、即尺を体験したい人への考慮もちゃんとしてあるのだ。

部屋に入り玄関でいきなりズボンを下ろされて・・・チャックを開けられて・・・シチュエーションを想像しただけで下半身がムズムズ。まだ柔らかいものをパクリと咥えられるもよし、すでに半勃ちやギンギンになったものをバキュームされるもよし。

シャワーを浴びて、さぁ今からプレイするぞ!という前置きがない分、デリヘル嬢ではなくプライベートでエッチなことをしている気分になりより一層燃え上がるだろう。

即尺のメリット・デメリット

今初めて会った好みの女の子に、いきなりズボン下げられてフェラされている・・・。即尺は部屋に入ってすぐということもあり、男側が立った状態で行われることが多い。いわゆる「仁王立ちフェラ」というやつだ。

AVなどでも女がひざまずき肉棒に奉仕している様子があるが、あれが自分で再現できるというわけだ。征服感が感じられるので視覚的にも物理的にも満足度が高い

一方で、即尺がすでに基本プレイに付いている場合は気にしなくていいが、シャワーを浴びてからのプレイを厳守している店だと、事前にオプションとして追加しておかないと体験できないというデメリットもある。そして最も心配されるのが衛生面だが、主に舐める対象を持っている男側がきちんと事前に洗っておけば問題ない

即尺が気になる人は、基本プレイに入っているのかいないのか、オプションプレイなら料金はいくらか、など事前に下調べしてから遊ぼう。

即尺向きのデリヘル嬢とは?

即尺は「女性側がベッドまで我慢できず、玄関先で彼の肉棒を膨らませて・・・」という体(てい)で行われる。そのため不倫気分で遊べる人妻熟女デリヘルでよく用いられる。

人妻熟女デリヘル店は待ち合わせや即尺がセットになっていることも多く、その上一般的な若いデリヘル嬢が在籍する店よりも手頃な料金で遊べるので、即尺マニアにとっては穴場なのだ。という流れで、即尺向きなのは人妻や熟女などのお姉さん、オバサン世代のデリヘル嬢。

一般的な店の中で年上、というのでもいいが、女が待ちきれず襲ってくるシチュエーションを味わいたい人は、不倫や浮気というきちんとしたコンセプト(ある種のイメクラのような)がある店のほうが本格的なサービスが楽しめると思う。

東京デリヘルゾーン