会話・プレイ・・・デリヘル嬢の本音♡

緊張しても大丈夫!デリヘル嬢は優しい

よく「デリヘル嬢と何話せばいいか分からないよなー」「緊張しそうであと一歩が踏み出せない・・・」という声をリアルでもネットでもよく耳にする。確かにデリヘル嬢はソープ嬢などに比べて素人(アルバイト感覚)の初々しい子が多く、プロのサービスを受けるというよりは2人でイチャイチャ、みたいなイメージもある。

しかしデリヘル嬢は紛れもなく「プロ」だ。会話が弾みそうになければ話題を振ってくれ、盛り上げようとし、緊張して勃ちそうになければ一生懸命にフェラご奉仕する。普通のデリヘル嬢でもこれくらいはちゃんとしてくれる。

でも男として、女の子に全てお任せ!というのはプライドが許さないところもある。少しでもデリヘルでできること、ルールやマナーを頭に入れてから臨めば、デリヘル嬢も一目置く客になれるはずだ。デリヘル嬢自身も楽しんでくれるような、そんな客であれたら・・・。

デリヘルを100%楽しむためのデリヘルプレイスクール、ここに開設。


カジュアルに拘束プレイを楽しもう

拘束プレイって何だっけ?

拘束プレイ、何となく想像できるけど、イマイチ踏み込めない自分がいる。または実際にどんなプレイが拘束なのか分からない男性は少なくないはず。

拘束プレイとは要するにSMの一種で、相手もしくは自分の自由を奪うことから始まるプレイのことだ。緊縛プレイと混同してしまう方もいると思うが、緊縛の場合は拘束プレイに芸術的要素を注入し、相手の身体に合わせた縄を利用するなどかなりハードルが高いプレイになっている。

緊縛は拘束プレイの一種と言えるが、デリヘルで楽しめるような拘束プレイは道具を問わないため、SM初心者であってもカジュアルにトライできる

想像してみてほしい、自分の手足を縛られて女の子に攻められる姿を。もしくはM女子の自由を奪って思い切りイラマチオをしてみたり……。普通にデリヘル遊びをしているだけだと拘束プレイは素通りしてしまいがちだが、いつもと違う刺激はマンネリ防止にもピッタリだ。

また羞恥心が性的な興奮を大きく引き上げてくれるため、特にSっ気が強い男性にはオススメだ。もちろん痴女に拘束されてド淫乱にハマるM男性も少なくないぞ!

遊び方の続きをよむ→

ペニバンで逆アナルプレイを楽しもう

ペニバンを楽しむ男性が増えている?

ペニバン?どこかで聞いたことがあるけれど、いまいちピンと来ない男性は多いはずだ。それもそのはず、ペニバンはある一定層の男性にしか需要がないプレイだった。しかし、昨今セックスに対しての価値観が変わりつつあり、今まで通り過ぎていたプレイ、タブーに思えたプレイに対するハードル自体も低くなってきた。

その一例と言えるのが今回の主役であるペニバンだ。ペニバンとはペニスバンドのことを意味し、女性がディルドを固定したバンドを腰に巻き、男性のアナルにそれを挿入するプレイのこと。

んっ、なんだかゲイセックスみたいだぞ?と思う男性もいると思うが、確かに似ているな。本物の男性器を挿入する代わりに、使い慣れていないアナルをディルドで女性に責められる。

実際にペニバン逆アナルを経験している男性の絶対数は多くないが、いわゆる「興味はあるけどしたことがない」という男性が大半だ。しかし、男性にとってもアナルが1つの性感帯として認知され始めてきたため、デリヘルを訪れる男性客のペニバンデビュー組は昨今多くなってきているのだ。

遊び方の続きをよむ→

ひたすらデリヘル嬢にアナル舐めをしてもらう

アナル舐めをしてもらう意義

エロい男性諸君であっても、アナルは少し気が引ける…そこはそっとしておいて……と感じている男性が恐らく大勢いることだろう。

しかしどうだろう?アナルは舐められて気持ちいいものなのか?この回答についてはもちろん賛否両論はあるが、その行為によって背筋がゾクゾクする快感を覚える男性は一定数存在する。

ペニスをしゃぶられて気持ちいいのは当然だが、実はアナルも性感帯の一つ。わざわざアナル内部に玩具を入れなくとも、舐めるだけでもジワリジワリと快感を覚えやすい

アナル舐めは前立腺を直接刺激する行為ではないが、普段舐められない場所をわざわざデリヘル嬢に舐めてもらうことで、大きな背徳感を感じるはず。

またデリケートでイレギュラー粘膜部位に舌を這わせられると、思わず電撃が走るような感覚に陥ることもある。いわば自分が女の子になってしまったような、そんな錯覚だ。

舌先を尖らせてドリルのようにアナル中に進入を試みたり、竿をスライド運動させながらのアナル舐めもOK。また蟻の門渡りと呼ばれるアナルとペニスを結ぶラインから舌を這わせてもらったりと、それは刺激のしがいがある場所であることは間違いない。

遊び方の続きをよむ→

みんなの体験談4

感傷に浸った初めてのプレイ

[H.N]粒あん派[年代]30代

フリーで遊ぶと地雷を踏むっていうじゃないですか。でも運試しにフリー嬢を呼んでみたらなんと……。なんと昔の彼女が来たんです。びっくりですよ。
あっちは垢ぬけてしまった俺に最初は気づかなかったみたいだけど、俺の声色でやっと「やだ、うそ…」と気づいた模様。
お互い嫌いで別れたわけじゃないから、なんだか懐かしくて。ドラマみたいな出会いって本当にあるんだな。
変わらない胸元の黒子に、全身舐めでくすぐったくなるのは5年前と何も変わらない。でも妊娠線があることに気づいて俺はハッとなる。多分色々あったんだな。
風俗嬢にプライベートを聞くのはご法度!そんなことを聞いたことがある。例え元カノとはいえ、土足で心に入るものじゃないと言い聞かせた。
「じゃあ、〇〇の得意のフェラでイかせて」と平静を装い、懐かしい舌技を堪能。なんだか懐かしくて、口に出したら精子を飲んでくれました。結局俺が辛くなって、また指名するね!と言い残し、先にホテルを出てしまいました。勿論それから指名はしていません。なんだか切ない気持ちでいっぱいです。

遊び方の続きをよむ→

デリヘルでできる一番ハードなプレイとは?

一番ハードなデリヘルプレイの条件

デリヘルでは基本プレイというものがあるが、当然のことながら無料で楽しめる基本プレイではベーシックなものしか楽しめない。

デリヘルでできるハードプレイというものは定義が難しいが、要するに普段のセックス、風俗プレイではなかなかお目にかかれない、なかなかしようとも思えないフェチ度の高いものである。

通常ハードプレイは高額なオプション料金を支払うことで可能になる他、それぞれのお店、所属女性が得意とする専門コンセプト店で楽しめるぞ。

一番ハードなプレイについての明確な基準はないが、一般的に以下の条件を満たすものを極ハードプレイと考えていいだろう。

・お店はOKでも女性からNGを突きつけられる確率が高い
・オプション料金が1万円をこえる
・普通のデリヘルではあまり対応できず、コンセプト店のオプション扱い

今までならば眉をひそめてしまうようなプレイであっても、最近は和洋を問わないAVプレイの影響で、だいぶ世間的にも認知される傾向が高くなってきたのがリアルである。

遊び方の続きをよむ→