東京デリヘルゾーン

デリヘルは深夜も呼べる!遊べる!

風俗は業種によって開店時間と閉店時間に違いがある。その違いが大きいのは店舗型風俗店と派遣型風俗店の2つで、店舗型は夜が弱く派遣型は朝が弱いと覚えると簡単だ。

店舗型は夜の営業に制限があり、基本的に夜12時までとなっている。反対に派遣型は夜の営業に制限がないため、夜12時以降でもたくさんの女の子たちが出勤している。深夜まで営業する分、朝は10時や12時頃~と少し遅めだ。

派遣型はほぼ一日中開いていると言ってもいいくらい長い時間営業しているのが特徴だが、やっぱりエロいことを考えるのは夜なのか夜に呼ぶ客が多い。平日、ちょっと遅くなった残業後でも呼べるのはありがたい。

店舗型で受付が終了してしまった12時以降は、店舗型から流れてくる客もたくさんいる。昼間普通の仕事をしているアパレル女子やOLさんなど可愛くて美人の女性の割合も多いから、あえて深夜に呼ぶ客もいるようだ。

深夜にデリヘルを呼ぶときの注意点

深夜ふとヌキたいなと思う、そんなときこそデリヘルだ。だが深夜という遅い時間帯であるがゆえに気を付けたい注意点がいくつかある。何に対しての注意かというと、デリヘル嬢に対しての注意点がほとんどだ。

ただ単に遊ぶ時間帯が深夜になっただけなら問題ないが、例えば飲み会で遅くなって、という場合はお酒の影響を気にしないといけない。

デリヘルの規定にも書いてあるものから抜粋すると、泥酔状態で呼ぶのは完全NGだ。呼べたとしてもデリヘル嬢が異変を感じたら、すぐに店に連絡されてバイバイという流れになってしまう。ただのキャンセルになればいいが、場所によって交通費が掛かったりキャンセル料が発生したりして損だけして終わってしまう。

あともう一つは、深夜テンションになりすぎないように気を付けてほしいということだ。深夜専門のデリ一本のデリヘル嬢もいることはいるが、ソープやファッションヘルスなどの店舗型と違って兼業が多いため素人出身のデリヘル嬢も多い。

深夜テンションで執拗に本番を迫ったり無理矢理なことをすればトラブルになってしまう。深夜でも節度を持って、紳士的にスマートにデリヘル遊びをしよう。