東京デリヘルゾーン

口内発射の遊び方

デリヘルで一般的にされているフィニッシュ方法がこの口内発射だ。スタンダードな流れはフェラをしてもらいそのまま口の中へ大放出。そしてその他には手コキやパイズリなどで限界まで高めてから、イキそうになったら口へ注ぎ込むという方法もある。

やはり口内発射は征服感があるというか、やってやったぜ!という感じがある。オナニーとは全く違う、人の温かい口の中で最高潮に達することは、デリヘルのような風俗店でしか味わえない体験だ。

口内発射にはフェラの延長線上で行われるものがほとんどだが、SM店などではデリヘル嬢の喉奥まで突くというイラマチオというプレイがあり、その最後としての喉奥に注ぎこむ少々ハードなものもある。

そして口内発射の後の精液はティッシュに出されることが多いが、店によってはそのまま飲ませる「ごっくん」という名前のオプションプレイもある。やはりこちらもかなりハードなため、料金は高めだ。

口内発射のメリット・デメリット

口内発射のメリットは、言わずもがな「最高に気持ちいい」ところだ。男はできればオマンコの中に注ぎ込みたい、という欲望がある。しかしそれは倫理的にも法律的にもNGだし、風俗で遊べる年齢の男なら理性を持っているはずなのでどこかで抑えがある。

手コキ発射はオナニーでもできるし、パイズリも挟まれてはいるが中に注ぎ込む感じとは少し違う。口内発射は唯一無二の射精方法だと言えるのだ。

ではそんなプレイのデメリットは、必ずしもデリヘル嬢がいい顔をしてくれないということだ。例えそれがいくら大好きな相手のものでも、性器から出てくるものとなると抵抗がある。発射時の勢いも結構あるから苦しさもある。

基本プレイだから遠慮はしなくていいが、美味しかった?や気持ち良さそうだったね、なんて変態的なことを聞くと内心「何血迷ったこと言ってるんだ・・・」と思われることが多いので、心からお互いに心地よいプレイをするなら終わり際に「苦しかったよね、ごめんね」と一言添えてあげよう。

口内発射向きのデリヘル嬢とは?

このフィニッシュ方法に関しては、向き不向きはあまりないといえる。なぜならデリヘルでは8割以上の男が口内発射で終了しているからだ。それがフェラであれ手コキであれ、あらゆる肉棒の大多数は口の中で欲望を爆発させているのだ。

強いて言えばフェラが得意、遅漏でも関係ない!という猛者嬢を選ぶといい。事前に分かれば苦労がないのだが、こればかりは何度か自分で通ってベストなデリヘル嬢を見つけたり、何度も指名して自分のツボを知ってもらう他ない。

責め好きのデリヘル嬢に搾り取ってもらうのもよし、大人しいデリヘル嬢にこちらからオラオラ~!と責めて征服感を味わってもよし。フェラの上手さは性格の明るさとは比例しないので、最初は好みの女の子を見つけていくことが先決だ。