ほとんどのデリヘル店で使える!

今はコンビニやスーパーでの数百円の買い物でもクレジットカードが使えるような時代。1回の遊びが万を超えることが多いデリヘル、心配しなくてもほとんどの店でしっかりクレジットカードでの支払いが可能だ。

デリヘルを含め風俗店は大手のグループ会社もあれば、地元密着型の個人店もある。一見小さな個人店では対応していないように思えるが、実は店の規模の大小はあまり関係なく、個人店でも導入しているところは多い。本当にその店々によるという感じだ。

でも、デリヘルは派遣型風俗。つまり店のレジなどはなく料金はデリヘル嬢に渡すことになっているが、クレジットカードの場合はどうやって決済するのだろうか。それは、移動式のコンパクトなカードリーダー端末が大活躍する。

予約時など事前にクレジットカードを使いたいとお願いしておくと、デリヘル嬢に端末が渡されるので、コースが決まったらデリヘル嬢にクレジットカードを渡して手続きしてもらう。レジでの流れと少し違うところもあるかもしれないが、きちんと安全に決済できるので、風俗店だからと心配することはない。

デリヘルでのクレジットカード利用の注意点

デリヘル(風俗)だからといってクレジットカードで危険な目に合うなんてことはほぼないので安心して利用してもらっていいのだが、それよりも知っていてほしいいくつかの重要な注意点がある。

まず1つ目は、事前に店に伝えておかないとクレジットカードが使えないという点だ。
上でも述べたように、移動式のデリヘルでクレジットカードを使うにはデリヘル嬢に専用の端末を持ってきてもらわないといけない。デリヘル嬢が来る直前でしまった!現金がない!と思い立っても、デリヘル嬢は常に端末を持っているわけではないのでアウトになる。

予約の後に気付いてもそんなに時間が経っていなければギリギリ間に合う可能性があるから財布の中身は早めに確認だ。

そしてもう1つの注意点は、クレジットカードを利用するときの手数料についてだ。風俗店は業種上クレジットカードの加盟店になれないため、別の決済方法を利用してクレジットカードを使えるようにしている。

その仕組み自体は通常あるものなので安心だが、業者が一つ挟まることや風俗店にすぐ現金が入らないことなどで手数料が客負担になる。その割合は利用料金のおよそ10~20%。バカにならない金額だ。

これが風俗で現金払いが強く推奨されている理由だ。この2つの注意点を覚えておけば、逆に財布のチェックを怠らなくて済むかもしれない(笑)。

東京デリヘルゾーン