東京デリヘルゾーン

店による!店外目的はどこもNG!

まずアドレス交換自体を明確に禁止している店と特に明示していない店がある。禁止している場合は、大概HP上のどこかに「連絡先を交換するような行為は禁止」と書かれているので、アドレス交換を考えている人は店選びの基準にするといいだろう。

一方の明示していないお店はというと、大概は嬢個人の考えにまかせるという姿勢の場合が多い。その店のデリヘル嬢なら誰でも連絡先を教えてくれる訳ではないのだ。嬢個人個人によって、防犯やプライバシーの考え方や、家庭があるからなど事情は様々。だから無理に聞きだそうとしないように。

また、いわゆる店外、つまり「お店を通さないで会おうとする事」は風俗業界全体においてタブーだ。仮にデリヘル嬢がOKをしてもお店にばれた場合嬢とお客さん双方から罰金を取る、というような罰則を設けているお店も少なくない。
だから絶対に最初から店外目的でアドレスを聞いてはならない。店外目的のアドレス聞きだしはデリヘル嬢が最も嫌がる行為のひとつでもある。

連絡先交換のコツ

ではどんな場合なら、快く連絡先を教えてもらえるのだろうか?それは出勤確認だ。

「○○ちゃんの出勤情報をいち早く知って、確実に予約したい!」と伝えれば、高確率で連絡先を教えてもらえる。場合によってはお店でアドレス交換を禁止されている場合でも使える手だ。

ただし、連絡先が分かったからといって浮かれて妙な連絡をしないように。
突然手の平を返して「店を通さないで会おう!」と言ったり、「今日は○○食べたよ~」というようなどうでもいい日記のような内容を送ったり…。

デリヘル嬢はあくまで、仕事としてプラスになるなら、と連絡先を教えてくれているのだ。
あくまでそれを忘れずに、最初は約束通り予約の為の連絡を取る事。実際にそれで打ち解けあってきたら、何かと理由を付けて日常会話をちょこちょこと増やしていく事で好印象を与えられる。

当たり前の事ではあるが、最終的にデリヘル嬢と恋愛をする事は店にも禁止できない。
最初からがっつかず手順を踏むことが、結局は1番の近道となるのだ。