東京デリヘルゾーン

聖水プレイの遊び方

いきなりマニアックな話になるが、風俗での聖水は「おしっこ」のことだ。聖水プレイ、放尿プレイなどと店によって呼び方は様々だが、基本的にデリヘル嬢がおしっこをする、というところは一緒だ。

女の子がおしっこをしているところを見たい、それだけでは飽き足らずおしっこに触れたい・浴びたい、究極までいくと、おしっこを口にしたい・・・などなど。ただ見るだけならそれほどハードルが高いオプションプレイではないように思う。

聖水プレイはトイレですると思われがちだが、お風呂場で行われることがほとんど。特にラブホテルで遊ぶ場合は風呂場が広いので、デリヘル嬢のお股から勢いよく放出される様をじっくり観察することができる。プレイ後もシャワーでサッと流せるので、プレイ前のシャワー時にやってもらうといいだろう。

聖水プレイのメリット・デメリット

元々聖水プレイはSM店で行われていたサービス。それがオプションプレイとしてデリヘルにも登場した。AVなどでも行われているが、どこかビデオの中の作り物の世界だと思っている男は多いだろう。

だがデリヘルでは実際に自分がAVに出ているかのような濃厚なサービスを受けることができる。これが聖水プレイのメリットだろう。ディープなサービスだけに、デメリットも幾つか存在する。

一つ目はオプション料金が高めに設定されていること、二つ目はデリヘル嬢の体調によってクオリティに変動があるということだ。

恥ずかしい自分の排泄シーンを見られるという精神的な面と、うまくおしっこが溜められるかという体調的な面、両方の管理が必要になってくるため手出しが高いのだ。しかも上手くいかなければ返金、という決まりもないので、勢いがなくても文句はいえない。賭けの要素が強いプレイといえる。

きちんと対応してくれるデリヘルや女の子を見つけるのも、聖水プレイ前にしておくべき準備かもしれない。

聖水プレイ向きのデリヘル嬢とは?

デリヘルで頼まれることが少ないという聖水プレイだから、当然入れ替わりの激しいデリヘル業界で「聖水オプションに慣れている女の子」というのは非常に少ない。その中で貴重な聖水プレイ向きの女の子を見つけるのは至難の業だ。

なので限りなく理想に近づけるとするならば、老舗のグループデリヘル店を使い、なおかつ比較的在籍年数の長いベテラン嬢を選べば良い。

老舗グループは小さいところに比べて客が多く、あらゆる男を見ているため全体的にレベルが高い。そして在籍年数が長ければ何度か聖水プレイを頼む客に当たったことがある確率も上がるし、もししたことがなくても要領がいいため客好みの技を披露してくれるはずだ。

何度か試行錯誤しながら、お気に入り嬢を見つけていく。それが聖水プレイを楽しむために必須な過程なのかもしれない。